Re:Born~生まれ変わったような感動と価値を

世田谷区、大田区、品川区を中心に、都内、隣接県に対応

屋根・外壁塗装/リフォームの施工アルバム~<世田谷区エリア>

ご依頼ありがとうございます 施工アルバム キレイな仕上がり

リボーンの施工アルバムをご覧いただきありがとうございます。

これまでも、お客様からたくさんの笑顔を頂きました。その一部をご紹介いたします。本当にありがとうございました。

これからも、もっとたくさんの方々を笑顔にできるよう、リボーンは頑張ります!

今後も随時新しい物件を掲載してまいります。どうぞご期待ください。またスタッフブログにも掲載しておりますので、ぜひそちらも御覧ください。
スタッフブログ

※掲載許可を頂いたお客様の写真のみを掲載しております。

◯ 世田谷区エリア|◯ 大田区エリア◯ 品川区エリア◯ その他のエリア

屋根・外壁塗装 H 様邸(世田谷区)2018-8-26 更新

「可愛いネコちゃんに癒やされました」
築28年
ハウスメーカー

以前にリボーンのお客様の施工をご覧になって、今回、御依頼を頂きました。
今回は、屋根、外壁塗装、タイル目地補修、ベランダ防水の施工。タイル目地の侵食が進んでいる為、左官工事目地の入れ直し、ヒビ割れ箇所はクリアシーリングを施工し防水施工となります。

ネコちゃんを養っていて、一緒の空間にいたり、遠くでお話を聞いていたり、とても可愛い存在感で癒されました。

外壁塗装、屋根ラバーロック工法 K 様邸(世田谷区)2018-8-10 更新

「ご家族の思い出とともに生まれ変わりました!」
築27年の建物
昨年末に施工させていただいたお客様の、ご兄妹のご紹介です。
外壁塗装と瓦屋根のラバー工法で、外壁にはクラック【ヒビ】があり、瓦屋根はずれが生じていました。
外壁に関しては、4回工程の施工となり、屋根に関しては、以前のH様同様、瓦を1枚ずつ元の位置に戻してからシーリング作業です。

ご両親が住まわれていたお家が、新しく生まれ変わったと喜ばれてます。

屋根・外壁塗装、防水 F 様邸(世田谷区)2018-7-16 更新

「ベランダ木部が素敵なアクセント」
築12年の建物
ベランタの木部の腐蝕あり
施工内容は外壁3回、屋根4回の工程で塗装
屋上ウレタン防水
ベランダ木部腐蝕のみ交換
他は木部専用のキシラデコートにて塗装

ベランダ木部のアクセントにて、お洒落な建物に生まれ変わり、ポストも更に新しく交換いたしました。

屋根・外壁塗装、防水 S 様邸(世田谷区)2018-6-14 更新

「汚れが目立ちにくい外壁色にアクセントカラーを入れて」
外壁・屋根塗装、地下出窓部分の防水施工。

前回の外壁塗料には貝殻入りの白系材料で艶消の為、雨垂れの跡が気になっていました。
今回は全体的に色を変え半艶にし、雨垂れが付きにくく、また汚れも目立ちにくい外壁色といたしました。
帯板にアクセントの色を持ってきています。

トップライトから雨漏りの形跡があり、しっかりとシーリング施工しております。

防水工事 H様邸(世田谷区)2018-4-30 更新

「RC造も定期的な防水処理が肝心です」
築9年のRC造の建物です。

建物にクラック【ヒビ】が入り室内にまで雨漏れがあり。
また、窓枠のコーキングにも変色があったため打ち替えを行いました。
屋上のクラックから雨が入り込んでいたせいか、窓枠コーキング打ち替え時に水が流れてきている状況でした。
この時の様子の動画があります!クラックを補修しないと漏水がコワイ…と再認識しました。
動画はブログにアップしていますのでぜひご覧ください→コチラ

屋上の塔屋とベランダは防水施工。
屋上から2階にかけて笠木箇所はクラック補修をし、ランデックスでの仕上げとなります。

地下のお部屋にもPコン【流し込まれたコンクリートの圧力に対抗できるよう型枠を補強するための部品】から雨漏れがあり、そこにドリルで穴を開けて止水剤を注入。

施工後、長雨がありましたが水の浸入もなくなりました。

屋根塗装。リフォーム Y 様邸(世田谷区)2018-3-12 更新

「リピーターでいてくださるお客様から、リフォームのご依頼」
リボーンが設立して、最初のお客様でいらっしゃいますY様です。リピートして御依頼いただき、本当に嬉しく、感謝申し上げます。
当時は、ご自宅の外壁塗装、アパートの外壁塗装及び屋根の葺き替えを施工させていただきました。
今回は、ご自宅の屋根の塗装、階段防水。
内装では、ご自宅に収納が少ないとのことで、玄関からリビングに入るドアを壊し、そこに新しくクローゼットを施工させていただきました。

リボーンのスタッフブログに、工程写真もありますので、ぜひご覧ください。→コチラ

屋根・外壁塗装 Y 様邸(世田谷区)2018-3-4 更新

「2回目のお手入れ。畳屋さんを改装したご自宅」
築25年の建物
今回で2度目のお手入れとなります。

以前に雨漏れがあり、また外壁のクラックが気になりご依頼を頂きました。

畳屋兼共同住宅としていた所を改装され、現在ご自宅とされてます。

破風部分に色を変えて、アクセントカラーとし、イメージチェンジとなりました。
今では竜宮城の様だと喜ばれています。

また、追加工事で外構に防草シートを敷設しその上に防犯砂利を敷き詰め、防草、防犯対策を施工しました。
防犯砂利を施工後、お子様と一緒に裏に回った際に、「これで泥棒さんも来ないね!」っと力強い一言をいただきました。
防草シートも敷いているので、雑草も生えづらく重ねて安心です

瓦補修 外壁塗装 H様邸(世田谷区)2017-12-23 更新

「建物を受け継ぎ、大切に住み続けるために」
築40年、木造で増築などもなされた戸建てのお宅です。屋根は日本瓦で、その瓦は全体的にズレが生じ落下の恐れがありました。
そこでこの瓦屋根にはラバー工法で補修を行い、落下防止策を施しております。このラバー工法は、瓦のズレを全て正しい位置に戻し、一枚一枚の瓦にコーキングを充填していく工法で、作業的には大変ですが、瓦を用いた屋根の補修には確実な施工法です。
外壁は、木サイディングの腐食が進んでる箇所があり、交換した上で塗装しております。

H様は、お父様が残されたご自宅を受け継ぎ、大切に住み続けていらっしゃいました。今回の施工でさらに長く保たれていただけたらと願っております。
ありがとうございました。

屋根 外壁塗装 M様邸(世田谷区)2017-12-9 更新

「地元で長く愛されている文房具屋さんをリフレッシュ」
築45年の店舗を兼ねたお住いです。お手入れは今回2回目で屋根・外壁塗装です。
前回までは建物裏側に密着して建物が建っており、その面だけ建物との間が狭くお手入れは一度もされた事がない状態でした。
少し前にその建物が解体され今回は全面キレイにすることができました。特にその隣地に面した外壁は、軽量ブロックで建築されたもののために随所に隙間もあり、左官で下地を整えた上での塗装施工となりました。
施工前は2色の外壁でしたが、今回は緑1色で鮮やかに蘇りました。
地元で長く愛されている文房具屋さんです。お店のほうも、末長く続けていただきたいです!ありがとうございました。

屋上・ベランダ防水 K様邸(世田谷区)2017-11-15 更新

「防水塗装は効果が切れる前にメンテナンスがお勧めです」
築31年。
屋上とベランダの防水工事のご依頼です。
以前お客様自らが水性防水塗料で施工された後、時間の経過に伴ってその塗膜が剥がれ、水が回ってる状態でした。
施工中に蒸気で膨れが発生するなどの苦労はありましたが、綺麗に仕上げることができました。
屋上やベランダ防水は水が入る前に早めのメンテナンスが必要不可欠です。
お父様が脚立を使って植栽のお手入れしている姿が印象的でした。ありがとうございました。

屋根・鉄部塗装、屋上防水 N様邸(世田谷区)2017-11-15 更新

「ハウスメーカーのお宅をメンテナンス」
建物はハウスメーカーによるもので、築30年。今回で2度目のお手入れとなります。
問題点は、屋根に塗膜の被覆力もなく、破損とクラックが入った所などでした。
階段の裏側には数ヶ所の錆があり、錆止め塗布した後に塗装しています。
外壁は、シーリングのみを行いました。
今回は幕板をブラックに変えて、全体的に引き締まった建物に生まれ変わりました!
愛犬のわんちゃん、いつも見送ってくれてありがとうございました。

屋根 外壁塗装 S様邸(世田谷区)2017-10-8 更新

「その1 築21年 お母様のお宅」
今回ご紹介の物件は、2棟連棟で、お母様と息子様ご夫婦の建物です。
お母様の建物は築21年。
サイディング仕様、シーリングの劣化あり。裏のサイディング箇所が一部剥がれ、雨の侵入にて下地の痛みあり。

サイディングは、大工工事施工となりました。また、シーリングは、全て打ち替え。
屋根は、お客様の好きな赤のベースに近い色で仕上げています。

外壁塗装 S様邸(世田谷区)2017-10-8 更新

「その2 築11年 息子様ご夫婦のお宅」
お隣の息子様のご自宅は築11年。
モルタルとコンクリート打ちっ放し。クラックあり。
コンクリートはランデックス施工。
ランデックスとは、コンクリート打ちっ放しに使われる塗料で疎水効果であり、雨に強い役割をしています。
ここで、息子様の建物が早めのお手入れをされたので、特に打ちっぱなしのコンクリートでの施工がスムーズに進むことができました。

2棟並んで、それぞれ新しく生まれ変わりました。

屋根 外壁塗装 N様所有共同住宅I(世田谷区)2017-9-4 更新

「しっかりメンテナンスで、アパートの価値も寿命も」
築40年のアパート
入口の階段鉄部の腐食が気になっていたとのことです。
今回が最後のお手入れという事で、階段鉄部は腐食部分を撤去の上で補修作業を行いました。 ドアの修繕では、ダイノックシート貼りという面材を貼り替える工法で、ドアの交換をすることなくお化粧直しができています。
青いタイルが印象の建物で、屋根と外壁をタイルの色に合わせた仕上がりになっています。

屋根 外壁塗装 S様邸(世田谷区)2017-9-4 更新

「野良猫のいたずらが…」
築11年の戸建
屋根の釘が浮いていたため、塗装後に釘を打ち直してシーリングでおさえています。
野良猫が多く、猫の通り道になっていてエアコンのホースで爪とぎをしているらしく、ホース自体に破損あり。
エアコンテープを再度しっかり巻き直して、爪とぎ防止策も現場管理者の高橋が考えて取り付けてます。
細かい気配りを心がけ、お客様にもとても喜んでいただくことができました。 内装の方でも、トイレの中に小さな手洗いを取り付けています。こちらは後日写真をアップします。

屋根 外壁塗装 共用通路防滑シート N様共同住宅(世田谷区)2017-7-21 更新

「まさに生まれ変わりました!」
築35年のハウスメーカーによる建物です。
お客様が気にされているた個所は、階段の手すりの目隠しボード、鉄部のサビ、そしてゴムシートの痛みでした。
気になって時には夜も眠れないほどだったとか!お気持ちわかります。

今回は、屋根外壁は勿論、破損していたボードの交換、階段と共有通路の長尺シート張替えの他、ドアも色褪せていたので塗装し、その他雨戸の塗装、錆びて動かなかった門の撤去なども行いました。
全てのお手入れを行い、新たなアパートに生まれ変わり!
まさにRe:Bronです。
また、(建物の裏側になっていて目立たなくて残念ですが)ベランダ部に付いていた物干し竿掛けは、洋風に仕上がり、お嬢様にも喜んでいただけました。

バルコニー木部塗装 H様邸(世田谷区)2017-5-2 更新

「木目を活かして色も思いのまま」
バルコニー木部の元の仕様は、木部に浸透することで耐久性を高める「キシラデコール」という材料を用いたナチュラル色だったのですが、数年後にメンテナンスをした際の塗装で濃い茶色になっていました。
そこで今回は、「キシラデコールコンゾラン」という、木部表面に塗膜をはるタイプを使用することで濃くなりすぎた色調が明るくなるようにしました。この塗料は、塗膜タイプにも関わらず木目も感じることができます。とても喜んでいただけました。

屋根塗装、外階段等塗装、共用通路防水 B様邸(世田谷区)2017-5-2 更新

「共有通路の床もスッキリ」
共用通路部はウレタン防水を施されていましたが、ヒールのかかとでキズがついたよう穴状の跡がいくつもできていました。
そこで全体を均一に覆う事のできる長尺シートのご提案をさせていただき、階段も合わせて施工しています。
雨の日でも滑りにくくなっている為、キズも付きにくく、喜んでいただけました。

屋根、外壁塗装 A様邸(世田谷区)2017-4-7 更新

「愛車の色とコーディネート」
築13年の戸建のお宅です。
今回の施主様は、モルタルの剥がれが気になるとのことで、施工としては、劣化して剥がれている所を、しっかりとケレン作業をしたうえの作業といたしました。

建物の色も、施主様の愛車と同じ色である白を基本に、バランスよく合わせて選んでいただきました。
洋館のような、とってもお洒落な建物になりました!

外壁塗装、屋根防水 I様邸(世田谷区)2017-3-29 更新

「タイルも、コンクリート打ち放し仕上げも」
今回の建物は、築30年。
外壁はコンクリート打ち放しとタイルです。
タイル面は目地がなく、何ヵ所かにタイルが剥がれ落ちそうになっていました。
そこで、今回の施工では、タイル面に目地をしっかり入れ、クリアー塗装で仕上げています。
また、コンクリート打ち放しでは、雨垂れの汚れをしっかり落とし、クラック処理をしてから一部左官工事も入れ、撥水効果のあるランデックスコートの仕上げといたしました。
コンクリート打ち放しは、一度汚れがついてしまうとなかなか綺麗に落ちないので、できるだけお客様に満足していただけるよう仕上げました。

屋根、外壁塗装、植栽剪定 T様邸(世田谷区)2017-1-17 更新

「蔦に覆われた邸宅が、すっきりイメージチェンジ。建物も健康的に」
蔦が家の雰囲気を醸し出している印象的なお宅で、夏は緑でとても綺麗でした。…が、実は蔦は日本の気候には不向きなのです。
湿気がこもってしまって外壁塗装の劣化の原因になり、外壁の目地にも根が生え、雨漏りを発生させる原因にもなります。また、屋根まで上がった蔦は屋根材だけでなく樋も傷めてしまいます。

せっかくここまで成長した蔦がなくなるのは寂しい気持ちもありましたが、お客様とのご相談で、建物にとって最適な環境を整備していくことになりました。
そこで今回は、蔦の他に家屋にかかる部分の桜の木も剪定するなど、思い切った手入れとなりました。

作業として、その量が凄さもさることながら、外壁にビッシリ張り付いてる蔦と、それが樋の間に入り込んでいて、樋を壊さないように撤去することが大変でした!無理やり引っ張ると外壁まで取れてしまうので細かく切ってから削ぎ落とす感じの作業が延々と続きました。

外壁塗装の色使いでは、ドアや窓枠のお色選びが素敵で、いいアクセントになりました。

軒天と鉄部、樋の塗装 H様邸(世田谷区)2016-11-28 更新

「気になる部分、補修の必要な部分だけでもお気軽に」
以前ご依頼いただきましたお客様邸の並びのお客様です。
ご近隣挨拶をさせていただいた際に、駐車スペースの軒天の塗装と、鉄部塗装がパラパラしているのが気になり、屋根等も含め点検を行って差し上げました。
結果、やはり釘が浮いているのと、ベランダ上にクラックがあるのが見つかりましたが、屋根・外壁は数年前に行ったので、足場をかけないでやれる範囲とご依頼をいただき、釘の打ち込み及びシーリングとクラックの補修、軒天と鉄部の塗装を行いました。
仕上がりがとても綺麗だと喜んでいただき、次は屋根・外壁ですね。と言って頂いたのがとても嬉しかったです!
H様邸にもワンチャンがいるのですが、見かけるたびご夫婦でお散歩をされていて、ワンチャンも幸せそうでした。

屋根・外壁塗装,ウッドデッキ改修工事 H様邸(世田谷区)2016-11-15 更新

「ワンちゃん~、もう出てきていいよ~(^^)」
ある日、H様のお宅の前を通った際に、車を停めている上のバルコニーの木部が剥がれているのに気が付きました。
心配になってお声をおかけをしましたところ、今年14年になるという事でメンテナンスのご依頼いただきました。
屋根の点検もしましたら釘が浮いているところがあり、壁にはクラックも少し出ていたので、屋根外壁屋根のメンテナンスも一緒に施工させていただきました。
ワンチャンがバルコニーから顔を出していたので「工事している間は危ないから乗っちゃいけませんよ!」って言っていたら、今施工が終わったいまでも出てこれなくなってしまったようです。
ごめんなさい!!

外壁塗装 I様邸(世田谷区)2016-10-28 更新

「トマトの収穫を待ってさあ!そしてお茶の緑と洋瓦の関係」
ご縁のあった職人さんのご紹介で、工事をご依頼いただく事になりました。
実はお話は夏前の頃でして、お客様がベランダで育てているトマトを収穫してから、とのことで、夏の終わりの着工となりました。
との事で先日完了しました。
屋根は瓦なので、そのまま。外壁の塗装とお風呂場の面格子を木からサッシに取り替え、窓の木枠の一部交換しました。
お客様から、西側と南側が特に痛みがあるので、厚塗りをしてほしいとご希望があり、対応しています。
また、玄関の上のポイントとなる洋瓦は、当初赤だったのですが、奥様がお茶のお教室もやっている事もあり、グリーンとなりました。
お客様もとても喜んでくださり、私達も嬉しい限りです!

リフォーム K様アパート(世田谷区)2016-7-25 更新

K様が祖父の建てられたものを受け継がれた賃貸アパートです。
フローリングの張替と室内クリーニングをご依頼いただきました。サービスとして、ベランダ手すりの笠木の塗装をいたしました。

屋根・鉄部塗装 N様(世田谷区)2016-6-22 更新

二年ほど前に見積をお出ししましたが、お客様のご都合もおありかと思い、そのままお待ちしていたところ、この度ご発注いただきました。
アパートが併設されたご自宅です。建物を後5年ほど保たせるご計画の上で、屋根と鉄部の塗装をご依頼いただきました。
N様も塗装に詳しい方なのですが、しっかりとご満足いただきました。

屋根・外壁塗装 F様邸(世田谷区)2016-3-10 更新

色選びの際、後付けのバルコニーのブロンズ色も変えたいとご相談があったのですが、アルミ製のため塗装はできず…。そこで思い切ってバルコニーの色を活かした壁の色にしたところ大成功。重厚さと爽やかさを兼ね備えたヨーロッパテイストに仕上がりました。

キッチンリフォーム M様邸(世田谷区)

流し台の天板(カウンターテーブル)のみを交換して、本体はダイノックシートという素材で覆いました。IHグリルに入替え、すっかり新しい印象に生まれ変わりました。

お気軽にご相談ください

私たち専門家にご相談ください!
経験豊富な建築士やアドバイザーが、費用や方法も含めて安心のご提案をいたします。ご相談は無料です。建物のどんな困りごともお任せください。

ご相談お見積り無料。お気軽にご相談ください。⇒お問合せページ

または…

電話: 03-6411-1963

メール:reborn_info@smiley-reborn.com